HOME医療関係者向けの情報 TOP学会概要 > 設立と現在の活動状況

学会概要

設立と現在の活動状況

設立と沿革

1978年4月に会員約300名で発足。
設立以来1993年までは学術集会である「総会」の開催を中心に事業を展開。
また,学会誌「高血圧」(年2回刊)を発行した。
1993年1月に英文学会誌“Hypertension Research”を創刊した。
1999年に事業改革を行うとともに、理事長制を施行した。
2007年3月1日に特定非営利活動法人(NPO法人)に改組。
2008年より高血圧専門医制度を発足、専門医試験を開始。
2014年10月より準会員制度を発足。
2015年より日本循環器病予防学会との共同のもと高血圧・循環器病予防療養指導士制度を発足。高血圧・循環器病予防療養指導士認定試験を開始。

歴代理事長

第1代 猿田享男(慶應義塾大学)
第2代 荻原俊男(大阪大学)
第3代 藤田敏郎(東京大学)
第4代 松岡博昭(獨協医科大学)
第5代 島本和明(札幌医科大学)
第6代 島田和幸(自治医科大学)
第7代 堀内正嗣(愛媛大学)
第8代 梅村 敏(横浜市立大学)
第9代 伊藤貞嘉(東北大学)
第10代 伊藤 裕(慶應義塾大学)

会員の現況(2018年9月現在)

会員数 約5,100名(正会員,準会員含む),賛助会員 19社

事業の概況

1.総会(学術集会)、臨床高血圧フォーラムの開催

例年秋に学術総会(会期3日間)、春に臨床高血圧フォーラム(会期2日間)を開催
特別講演,会長講演,シンポジウム,教育セッション,プレナリーセッション,一般講演(口演,ポスター), YIA,国際セッション(口演,ポスター),コメディカルセッション(ポスター),高血圧専門医、高血圧・循環器病予防療養指導士の講座,市民公開講座 など

2.学会誌・会報等の発行

  • 学会誌“Hypertension Research”
    英文,A4国際判(2019年より電子出版化),年12回
  • 学術集会のプログラム・抄録集
    電子出版,年2回
  • ニュースメール(会員向け)
    月3回

3.研究ならびに調査の実施

  • 「高血圧治療ガイドライン」ならびに関連刊行物の編集・発行
  • 大規模臨床試験への協力または実施

4.啓発ならびに普及活動の実施

  • 生涯教育講演会の開催
  • 減塩、家庭血圧測定などをテーマとした教育資材の作成・配布
  • 高血圧に関する川柳・標語の募集

5.国際的な研究協力活動の推進

  • 日中韓高血圧シンポジウム共同開催
  • 国際高血圧学会(ISH)、アジア太平洋高血圧会議(APCH)等の開催への協力
    ※2022年国際高血圧学会 京都開催を予定

6.資格等の認定

  • 高血圧専門医
  • 特別正会員(FJSH)
  • 高血圧・循環器病予防療養指導士
  • 高血圧マスタークラス
ページのトップへ