HOME医療関係者向けの情報 TOP学会誌・刊行物等 > 家庭血圧測定の指針

学会誌・刊行物等

家庭血圧測定の指針

家庭血圧測定の指針

家庭血圧測定の指針 第2版

ライフサイエンス出版(2011年9月発行)

日本高血圧学会 編
B5判/59頁
定価 1,080円(本体1,000円+税8%)

内容紹介

日本高血圧学会「家庭血圧測定の指針」について

御存知のように本邦には既に3000万台以上の家庭血圧測定装置が各家庭にあります。健康情報として、体重や体温と同等かそれ以上に、本邦では血圧に関する情報が満ちあふれております。一方で血圧測定法に関しては、医師の測定する随時診療所血圧測定さえ、標準化されていないのが現状です。標準化されない理由は様々です。最も大きな要因は、標準化のための環境や時間がそもそも日常診療の場では用意され得ないことにあります。そうした状況の中で、もはや医師は自ら血圧を測定するような時代ではないという議論さえでてまいりました。それに代わる代表的な血圧測定が、家庭血圧です。家庭血圧測定は、測定する頻度が高く、幾つかのバイアスが除外できるという明白な利点を有していますが、それにしても、家庭血圧測定の条件が、一定していない限り、家庭血圧測定値は臨床科学の手法として、適当と評価されません。この「家庭血圧測定の指針」は、家庭血圧測定の正しい普及を目的に、上梓されたものですが、中でも、臨床科学の手法としての共通性、共有性を確立する目的で作成されました。その結果、医療現場や、測定者(一般市民)自身の混乱を収拾しようとするものです。本指針は2003年に上梓され既に5年が経過しそこに記された内容は、医療関係者や、一般市民に徐々に浸透しつつあるように見受けられ、編著者一同、大変喜んでおります。しかし、こうしたガイドライン自身、時代の推移に従い、また新たに蓄積されたエビデンスに基づき改訂される運命にもあります。そして、この度、家庭血圧測定の指針、第二版がここに発行されることとなりました。本指針の基本的な立脚点は第一版と改変されることはありません。
どうぞ、各位におかれましては、再度本指針に目を通され、家庭血圧測定の標準化に御尽力頂きたいものと考えております。

平成23年9月

日本高血圧学会
家庭血圧測定条件作業部会
部会長 今井 潤
東北大学大学院医薬開発構想講座 教授

ご購入

Hypertension Research

ページのトップへ